大量失敗が目標達成につながる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

逆説の目標達成術の具体的なステップ

いよいよここからが、逆説の目標達成術の重要なポイントになってきます。

まずは簡単なステップをご紹介します。

1.目標を決める

2.目標に対しての行動を決める

3.行動を細分化する

4.実際に行動する

5.失敗したら分析をする

6.次の行動をすぐ行う

以上のステップです。

ステップ1 目標を決める

ステップ1は目標を決めるですが、目標の決め方も色々とあります。

現実的な目標から、とても大きな目標までどんな目標に対して、あなたが逆説の目標達成術の方法を使うかは自由ですが、私なりのオススメの方法をご紹介します。

とてつもない大きな目標を設定する

それはとてつもない大きな目標を設定するという方法です。

通常人は現実的な目標を設定します。

例えば年収300万円の人なら来年は年収350万円にしたいこれは、これで大きな目標かもしれません。

 

ですが大きな目標とは1億円とかそれ以上の額のことを言います。

 

今は金額で言いましたが、自分のこれまで諦めていた夢や目標が大きくてもいいので目標として設定してみてはどうでしょうか?例えば毎月1回は海外旅行に行きたいとかバンドを組んでCDを出したいとかとにかく今の自分では考えられないような大きな夢がいいということです。

 

大きな目標にしたほうがいい理由は色々ありますが一つはモチベーションが違うということです。

よく言う例えですが推理小説の犯人をわかった上で読む本とわからないで読む本はどちらが楽しいかは言わなくてもわかることだと思います。

同じように大きな目標ほどそれに対するモチベーションが変わるわけです。

 

そして目標が大きいほどそのルートに至る道は選択肢が増えるのですが小さい目標ほどそのゴールに至る選択肢は限られます、そういう意味でやることがわかっていることほどモチベーションがでなくなるので大きい目標がいいということです。

 

そして大きな目標設定出来たらその目標にたいしての中ゴールそして小ゴールを設定します。

例えば年収1億円と設定をしたらそのゴールに対しての中ゴールはその年収を達成するための何からのビジネスで結果を出しているそして小ゴールは何のビジネスをしたらいいか絞り込むというような形になるかもしれません。

 

そうすると目標が大きすぎて行動できない人も具体的な行動が出来るようになるというわけです。

「少しでもいいなー」と思って頂けた方はFacebookやLINEをお使いの方は是非以下のボタンからシェアして頂けるととても嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【無料】見るだけで変わるコーチングレポート

コメントを残す

*