人間関係で悩むあなたへ加点派?それとも減点派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家庭や職場の人間関係でいつも悩まされている人にはいくつかのパターンがある

 

その代表的なパターンの一つをご紹介します。

それが、人間関係において「減点派」なのか「加点派」なのか?ということです。

人間関係で悩み人は、おそらくあなたも想像がついていると思いますが「減点派」です。

減点派の人がなぜ人を減点するのかというと、その人の根底には人に対する有る一定のビリーフ(信念)があるからです。

 

これまでの人間関係や生活環境においていつも人に裏切られたりする人の中には「人は信用できない、必ず裏切る」というビリーフが形成されます。

 

そのビリーフの元で人と関わっているとその人の悪い面が次々と見えるようになります。

これが減点派です。

そしてそのビリーフがある状態を続けていると自分では気づきませんが相手に対して嫌な思いをさせる態度を取るようになります。

 

その結果、最終的には「人から裏切られる」という現実を作ることになります。

ここで大事なポイントは悪い相手がいるから、悪い結果に遭遇したのではなく、自分のビリーフによって結果相手が悪くなったという現象だということです。

 

ということは、誰と付き合っても同じ様な結果を招くという状態になります。

ビリーフというのは長年の習慣なのでそう簡単には変わりません。

 

コーチングやセラピーなどによって劇的に変えるなどの方法もありますが自分自身で変えていく方法があるとしたら意識的に「加点派」に変えて行くことです。

対処療法的ではありますが減点派でいるよりはまだいい方法です。

 

そのように習慣づけをしていくと周りが敵だらけと思っていた人も徐々に優しい人ばかりになります。

それは、周りに優しい人が自然と増えたのではなくその人のビリーフが変わって行ったから

周りに優しい人が増えたという形です。

 

原因は全て内側から起きています。

その内側を変えていけば見えている外側が変わるというはとてもシンプルで絶対的な法則なのです。

 

人間関係の悩みを解決したいと思われている方はこちらの記事もお読み下さい。
↓↓↓
【保存版】職場の人間関係で悩み仕事が辛い時に即やって欲しい3つの方法

 

「少しでもいいなー」と思って頂けた方はFacebookやLINEをお使いの方は是非以下のボタンからシェアして頂けるととても嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【無料】見るだけで変わるコーチングレポート

コメントを残す

*