引き寄せの法則の奥義?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近私がこれこそが引き寄せの法則の奥義ではないかと思っている要素の一つがあります。

そのヒントになるような文章があったので本から抜粋します。

 

ある日、裕福な実業家が釣り船を一艘雇い、 一日のんびりと海で過ごすことにした。
空には太陽がさんさんと輝いている。彼は、港の外へ向かって船を操る若くて陽気が漁師が気に入った。

「おい、若いの」と実業家は声をかけた。

「成功の秘訣を教えてやろう。そのかわり、しっかりと聞くんだぞ」

 

「あいよ」と若い漁師は、その朝獲れたばかりの魚のはらわたを抜きながら笑顔で答えた。

彼のなれなれしさには少々面食らったものの、実業家は講釈を垂れはじめた。

「まず、料金を倍にすることだ。君はきれいでりっばな船をもっているし、魚がたっぷり穫れた場所も知っているんだからな」

「どうして俺がそんなことをしなくちゃならないんだい」と漁師は、波打ち際でたわむれている小さな力二に気を取られながら訊いた。

実業家はいらだちを覚えながら、こう答えた。

「そうすれば船をもう一般、さらにもう一艘と買いたすことができて、もっと多くの客を乗せられるようになるし、魚ももっとたくさん獲れたじやないか。がんばって稼げば、船団をまるごともてるようにだってなれるさ」

「だけど、なんだって俺がそんなことをしなくちゃならないんだ」漁師は、あおむけにごろんと寝ころび、午後の柔らかな日差しを浴びながら尋ねた。

実業家はもう、すつかり頭に血が上っていた。

「そうすれば金ががっぽり入ってくるから、人を雇って自分のかわりに仕事をやらせることもできるじゃないか。そうすれば君は、毎日太陽の下でのんびりと釣り三昧さ!」

「なるほど」と漁師は皮肉の込もった笑みを浮かべながらう奪ずいた。

「そいつはすてきだね!」

 

「7日間で人生を変えよう」 ポール・マッケンナ著より

いかがでしたでしょうか?

あなたはこの文章を読んでどう感じたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【無料】見るだけで変わるコーチングレポート

コメントを残す

*