新年の目標を立てる時に気をつけること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今この記事は2018年の1月1日に書いています。

新たな1年が始まります。

この新しい年を迎える最初の日に絶対にやってほしくないことがあります。

もし、あなたが次々と夢を叶えている人であれば問題ないのですが、毎年夢を掲げては挫折するというパターンを繰り返している人には今から言うこれをやってほしくないのです。

 

それは「決意を新たにする」ということです。

普通だと決意を新たにするのはいいことじゃないかと思う人が多いと思うのです。

先程言ったように次々と夢を叶えている人はそれでも構いません。

 

でも、夢や目標を掲げては失敗している人は決意を新たにしてはいけないのです。

それは何故かと言うと決意を新たにするという時点で心かやりたいというものではなくやらなければならないという強制になっているからです。

 

ここからやりたいと思うものでなければ自然とモチベーションが落ちます。

ですから決意を新たにしてエネルギーを強くするほどに、その反動で次第にモチベーションは下がっていき、そしてついにはやらなくなります。

 

では、どうすればいいかというと予定にすればいいわけです。

自分の今後の活動の一部として予定として当たり前にこなしていくということです。

予定は決まったものであり、当たり前のことです。

 

そのあたり前のことを当たり前にやれば当然結果が出ます。

でも、そのやりたい目標が大きいものほどモチベーションの維持は難しくなります。

予定にしたとしてもこなすことはとても困難になります。

 

では、どうすればいいかというと目標を細分化して、細分化されたものを予定にするのです。

例えば今から10kg痩せたいとするならば10kgを目標してはいけません。

 

3ヶ月で10kgも大変だと思うのならば3ヶ月で3kgの目標にします。

そして1ヶ月かけて1kgを落とすことを予定にしていきます。

さらにそれを1週間、1日という単位で細分化をしていくわけです。

そうすれば1日あたりのダイエットの為にする量は少なくなります。

 

この少ない量が大切です、予定をこなせてもこなせなくても感情の起伏はありません。

一方でテンションを高く立てた目標はこなせなかった時の反動が大きく落ち込みも激しくなります。

そしてますまず嫌になり目標を達成することは難しくなります。

 

ですから決意をせず、当たり前の目標としてこなしていくこれがとても大事だと思います。

FacebookやLINEをお使いの方は是非以下のボタンからシェアお願いします。

↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【無料】見るだけで変わるコーチングレポート

コメントを残す

*