引き寄せの法則

手堅く引き寄せの法則を成功させる方法・・・

手堅く引き寄せる方法なんてあるんでしょうか? あります!それは・・・

 

いろいろな人が引き寄せの法則を実践しているのにも関わらず、引き寄せられないと悩んでいます。

 

なぜ、そんな事が起きるのでしょうか?原因は色々あると思いますが、よくある原因が「1分1秒でも早く引き寄せよう」という焦りです。

 

でも、そんな気持ちで引き寄せようと思えばますます引き寄せの法則が上手く作動しないなんてことになります。

 

手堅く引き寄せる方法があるなら試したいと思う人もいるのではないでしょうか?

 

結論から言えば、欲しいものを手に入れようとするのではなく・・・

 

 

結論から言ってしまえば、あなたが欲しいものを手に入れられるだけの器になるということです。

 

そんな事を言うとガッカリする人がいるかもしれませんが、これはごく当たり前の事だけども手堅く引き寄せる法則です。

 

例えばお金持ちになりたいという人がその器が出来ていないのにたくさん大金を手に入れるとどうなるか・・・かなりの確率で失います。

 

 

例えば理想のパートナーを引き寄せたいと思って実際に自分の望んだ以上のパートナーが現れたらこれもかなりの確率で破局することが多いのではないでしょうか?

 

答えはわかっていると思いますがその器が出来ていないからです。

 

引き寄せの法則を魔法だと勘違いする人達・・・

 

通常だったら能力や条件が整わないと望むものが手に入らないとわかっているのに引き寄せの法則だけは例外だと思っている人が大勢いると思います。

 

それはどこか引き寄せの法則を魔法のようなものだと勘違いしているからだと思います。

 

もちろん、魔法のような奇跡のような結果というのも存在はしますし、私自身のコーチングセッションでもそのような結果は確かにありました。

 

しかし、それを成立させるには様々な条件やタイミングや要素が必要です。

原因が無ければ結果は生まれないのです。

 

「引き寄せの法則だったら例外を飛び越えてほしいものが手に入る」ということは引き寄せの法則のような特別なものが無い限り欲しいものは手に入らないと思っている証拠です。

 

ということは普通だと手に入らないという思い込みを持っているわけですから当然ながら引き寄せられません。

 

 

もう、答えはわかっていると思いますが引き寄せたいものがあるならば、それを手堅く引き寄せたければその引き寄せたいと思っているものを手に入れられる器を作らなくてはいけないということです。

 

 

それは小さなものでもいいから欲しいものが手にいられる因果を作っておくということです。

そうすれば最も手堅くあなたの欲しいものを引き寄せられる事になります。

 

最後に質問です。

「あなたは欲しいものを手に入れられるだけの器になっていますか?」

「ふさわしい器になるためには何をしたらいいですか?」

それでは引き寄せられません・・・

コーヒーは引き寄せられたでも・・・

私が引き寄せの法則の存在を知ったばかりの頃の話です。

いきなり大きなものを引き寄せるのは難しそうだから簡単なものを引き寄せようと思ってまずはコーヒーから引き寄せようと思いました。

 

コーヒーが手元にあることをイメージしてしばらくして本当にコーヒーが引き寄せられました。

 

これはいいと思いまたコーヒーを引き寄せようとしました。

しかしコーヒーは一向にやってきません。

 

「おかしい、やり方がまずかったのかな?」

そう思った私はイメージのやり方を変えたり、色々やってみました。

でも、それでもコーヒーはやってきません。

 

1回目はたまたま上手く行ったのかもしれません。

でも、それ以降は全く引き寄せられませんでした。

何がいけなかったのでしょうか?

 

「欲しい」と思った瞬間に「無い」を引き寄せる・・・

 

でも、これはほとんどの人が引き寄せられない原因にも通じると思います。

「●●が欲しい」

強く願えば願うほど同時に

「●●がない」

というメッセージを無意識に送っています。

 

そうすれば欲しいものが手に入れられないという現実が作られるのは当たり前です。

 

では、どうすればいいかというと欲しいとも思わず、かと言って無いと苦しみを感じるわけでもなく忘れることです。

忘れるぐらいがちょうどいいのです。

 

でも、どうしても欲しいという思いが強い人ほど忘れるなんてできないと思います。

 

大切なポイントは「常にいい気分」でいること・・・

 

それができる人がいつも引き寄せられ続けることができる人だと思います。

では、どうすればよりよく引き寄せができるようになるのでしょうか?

それは「常にいい気分でいること」なのです。

 

引き寄せの法則が出来ている人を見ているとこの「常にいい気分でいること」が出来ているから引き寄せられているのだと思います。

 

そして、これを頑張ってやっているのではなく自然にむしろ無意識的にできるようになるまでやっているのです。

 

私が提供しているコーチングではこのいい気分でいるためのスイッチをセッションの中で教えています。

 

単純にこのスイッチを押すだけでいい気分になれるのですが引き寄せられない人はこの単純なスイッチを押すという行動すらもしなくなります。

 

これだと引き寄せられるわけはありません。

 

あなたもこの「常にいい気分でいること」を意識して下さい。

ただ気をつけないといけないのは単純にポジティブになりなさいというものではありません。

ここで言う「いい気分」とは自然と湧き上がってくる感情を言います。

 

あなたは日常のふとした瞬間にそれを感じているはずです。

 

その気分を忘れず覚えておいて下さい。

 

そしてその気分でいることをできる限り長く感じ続けることこと引き寄せが加速する方法だと思います。

引き寄せの法則をやる前に・・・

 

引き寄せの法則は相変わらず人気です。

 

今度6月14日にヴォルテックスコーチの鳥屋尾さんと引き寄せ講座を東京でやるのですが1日で半分以上が埋まりました。

鳥屋尾さんとの東京引き寄せ講座はこちら

↓↓↓

6月14日 東京 引き寄せの法則講座

 

みんな関心をもっているのがうかがえるわけですが引き寄せの法則をやる前にやることがあると思っています。

 

引き寄せの法則の前にやる事とは・・・

 

それは

「今を受け入れる」

ことです。

 

 

引き寄せの法則を実践していても結果が出ていない人を客観的に見ていると以下の2つのような感じです。

 

「今が苦しいから未来幸せになりたい」

 

「過去がダメだったから未来もダメなはずだ」

 

 

これは2つとも「今に生きていません」

今この瞬間にいい気分を感じていなければ理想とする未来が手に入るはずがありません。

 

 

これって理想の未来を描きながらも「今幸せではない」というメッセージを

ずっと言っています。

そうすると「今幸せではない」と感じさせる未来がやってきます。

 

引き寄せの法則をやっても効果が出にくい特徴とは・・・

 

また、引き寄せの法則をやっていても効果が出にくい人の特徴として過去を引きずりながら実践しています。

 

「過去何やってもダメだからどうせこれをやっても未来はそんなに良くならないだろう・・・」

 

それを自覚しているか無自覚にそう思っているのでやっぱりうまく行きません。

そういった状態で引き寄せの法則を実践していると

 

・すぐに結果が出ないと焦ったり・・・

・問題が起きると悪いことを引き寄せたと落ち込んでしまう

 

というパターンになります。

 

こういう人の頭の中をもし言語化できるとしたら

「引き寄せるんだ!引き寄せるんだ!なんとしても引き寄せるんだ!」

 

という感じでしょうか?

今極端な書き方をしましたけどあながち間違っていないと思います。

結果はどうなるか当然引き寄せられません。

 

どうすれば引き寄せの法則の効果を高められるのか?それは・・・

 

では、どうすればいいかというと・・・

 

今を否定も肯定もせずただ受け入れることです

 

引き寄せの法則が出来ていなくても否定はせず出来ていたとしてもそれを過度に肯定もせず受け入れる

ことです。

 

「ん?引き寄せの法則が出来ていたら肯定するのはいいんじゃないか?」

 

と思う人もいると思いますが悪くはないのですが、気をつけないといけないのは、上手く行きだすと不安になるという人の心理があります。

 

「こんなに上手くいくはずがない」

 

という過去の記憶に引っ張られているからですね。

人の心理というのはやっかいです。

 

上手くいかないと自分否定して現状逃避のために理想の未来を描き上手く行きだすと過去の記憶が出てきて調子に乗らないようにまた否定をする結果やっぱり上手くいかないということになります。

 

だから「今を受け入れる」と言っても素直に受け入れることが出来ないという人もいるかもしれません。

 

「今を受け入れる」ことが素直にできない人は・・・

 

そんな人はどうしたらいいか?もしかしたら今まで言ってことと真逆のことを言っている印象を持たれる人もいるかもしれませんがヒントになればと思うので言います。

 

これは新しいコーチングの大事な考え方でもあるのですが

 

「今の自分に自信を持てなくても能力が無くてもいい、思いっきり未来の自分に期待すればいい!」

 

ということです。

 

ん?これって現状逃避じゃないの?間違ったポジティブシンキングじゃないの?と思われる人もいるかもしれないですが、そうではないです。

 

新しいコーチングのセッションをやると未来に間違いなく理想の自分が作られます。

そこにさえ確信が持てれば本当に未来の自分が導いてくれるようになるのです。

 

これは、ポジティブに考えようというたぐいのものではなく事実として変わっていくということです。

「でも、やっぱりポジティブシンキングっぽいな」

と思う人がいるかもしれません。

 

 

しかし、実際にそう思い始めると何だか今の自分を否定をしなくてもあるいは過度に肯定をしなくても今の自分を受け入れられるようになっていきます。

 

そうすれば自然と力の入っていない引き寄せの法則が出来るようになっていきます。

引き寄せの法則の奥義?

最近私がこれこそが引き寄せの法則の奥義ではないかと思っている要素の一つがあります。

そのヒントになるような文章があったので本から抜粋します。

 

ある日、裕福な実業家が釣り船を一艘雇い、 一日のんびりと海で過ごすことにした。
空には太陽がさんさんと輝いている。彼は、港の外へ向かって船を操る若くて陽気が漁師が気に入った。

「おい、若いの」と実業家は声をかけた。

「成功の秘訣を教えてやろう。そのかわり、しっかりと聞くんだぞ」

 

「あいよ」と若い漁師は、その朝獲れたばかりの魚のはらわたを抜きながら笑顔で答えた。

彼のなれなれしさには少々面食らったものの、実業家は講釈を垂れはじめた。

「まず、料金を倍にすることだ。君はきれいでりっばな船をもっているし、魚がたっぷり穫れた場所も知っているんだからな」

「どうして俺がそんなことをしなくちゃならないんだい」と漁師は、波打ち際でたわむれている小さな力二に気を取られながら訊いた。

実業家はいらだちを覚えながら、こう答えた。

「そうすれば船をもう一般、さらにもう一艘と買いたすことができて、もっと多くの客を乗せられるようになるし、魚ももっとたくさん獲れたじやないか。がんばって稼げば、船団をまるごともてるようにだってなれるさ」

「だけど、なんだって俺がそんなことをしなくちゃならないんだ」漁師は、あおむけにごろんと寝ころび、午後の柔らかな日差しを浴びながら尋ねた。

実業家はもう、すつかり頭に血が上っていた。

「そうすれば金ががっぽり入ってくるから、人を雇って自分のかわりに仕事をやらせることもできるじゃないか。そうすれば君は、毎日太陽の下でのんびりと釣り三昧さ!」

「なるほど」と漁師は皮肉の込もった笑みを浮かべながらう奪ずいた。

「そいつはすてきだね!」

 

「7日間で人生を変えよう」 ポール・マッケンナ著より

いかがでしたでしょうか?

あなたはこの文章を読んでどう感じたでしょうか?